JOEE英語クラスの開始!

JOEEのボランティアメンバーは、調布にある養護施設「朝暘学園」の47歳の子どもたちを対象に英語クラスを開始しました。6名の子どもたちは、パペット(片手使い人形)でコミュニケーションをとり、絵本の読み聞かせや英単語を習得するためのアクティビティを楽しみました。

朝暘学園での2回目のクラスは、110日でした。レッスンを受ける子どもたちはとても楽しそうにしていました。

今回参加してくれた大学生ボランティアさんは、しっかりと子どもたちのサポートに回り、レッスンに集中できるよう的確なサポートを行ってくれました。子どもたちにもとても人気でした。

子どもたちは、実際にパペットで演じた絵本の読み聞かせを最も楽しんでいるようでした。モ・ウィレムス著作の”Can I Play Too,”というお話の最後には、『ヘビさんの投げっこ』という場面があり*、子どもたちと実際にパペットを使って一緒に投げっこ遊びをしました。*ゾウとブタがどうしたらお友達のヘビを仲間に入れて、みんなで一緒にボールの投げっこ遊びができるか考え思いついた場面。

英語レッスンが終わる頃になると、子どもたちは『ボール/ball』『投げる/throw』『捕る/catch』のような英単語を覚えていました。レッスンの最後には、子どもたちが「ボールを下さい(Ball please!)」と英語で言うことによって、ボールの形をしたおやつをもらうアクティビティを行いました。私たちスタッフも、子どもたちと同様にレッスンをとても楽しみました。次回のレッスンが楽しみです。